N.T

薬剤師

勤続年数:6年

薬剤師の仕事をしていてよかった事

私の拙い説明でも、お薬の説明が終わった後に、患者様より『ありがとう』と直接感謝のお言葉をいただける事があります。その時に、この仕事を続けていて良かったとしみじみ感じます。過去に、難聴で受診中のお子様の患者様がいらっしゃいました。1年以上受診してもなかなかよくなりませんでしたが、ある日保護者様より『検査結果が良くなった』とご報告を受けました。通院当初『難聴は良くなるまで時間がかかることがありますから、治療の効果が出ていなくても辛抱強く服用を続けてくださいね』とお声かけをしていましたが、『治療初期に伝えてくれていたので、症状が改善しなくてもその言葉を信じて通院する事ができました』と言っていただき、お役に立てた事がとても嬉しかったです。

患者様とどんな話をしていますか

千波店が開局以来ずっと通っていただいている患者様には、いつもご来店されると『元気にしているか』とこちらの体調を気遣っていただく事も多く、新しい薬剤師やスタッフが増えると『新しい人が増えて良かったね。忙しい事は良い事だ!』と声をかけていただきました。患者様は私たちのことも、よく見ていただいているのだと思いました。

薬剤師の役割として課題を感じること

薬剤師は、時間がなくお薬の説明のみになってしまうこと、患者様からもそのように認識されてしまっている事は課題と感じます。また、調剤薬局は病気になってから来る場所だと思われていますが、病気になる前にお役に立てる情報提供やカウンセリングが行える場所だと考えています。誰でも気軽に健康相談できるような場所として認知されていくよう、薬局づくりや啓もう活動を行い、地域の方から頼りにされるような信頼関係を構築していきたいと思います。

最後に一言

お薬の事に限らず、患者様の生活に寄り添った包括的なケアが出来る薬剤師を目指していきたいと思います。

一覧に戻る

応募エントリー Entry